• pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

僕らのキッチン!

  • 1時間目 焼く、炒める

  • 2時間目 揚げる、蒸す

  • 3時間目 煮る、炊く

2品目「本格シュウマイ」

  • 1人分 226kcal
  • 塩分量 1.7g
2品目「本格シュウマイ」
「本格シュウマイ」のレシピをダウンロードする

※PDFファイル (579KB)

材料(2人前)
冷凍シュウマイ
12個
冷凍枝豆
正味50g
冷凍ほうれん草
1袋200g
小さじ1/4
コショウ
適量
ごま油
小さじ1
浜内先生
続いての料理はシュウマイです。
たのえさん
シュウマイはレンジでチン、でいいんじゃないですか?
浜内先生
もちろん電子レンジでもいいけれど、フライパンでもおいしさを引き出せるのよ。この料理のポイントは "いっしょに付け合せができる" こと、つまり "栄養バランスがいい" ということです。電子レンジでチンしながら、他の調理器具で料理をするより、ひとつのお鍋で同時にできたほうが、簡単で効率がいいですよね?
たのえさん
たしかに。
浜内先生
フライパンに冷凍ほうれん草と、解凍して皮を剥いた枝豆を入れて、その上に冷凍シュウマイを並べます。これはえびシュウマイですが、シュウマイのうま味がお野菜に移りこんで、相乗効果でおいしくなるのよ。
調理写真

フライパンにほうれん草と

調理写真

枝豆を入れ

調理写真

えびシュウマイを並べます

たのえさん
料理で、相乗効果なんて…。驚きです!
浜内先生
冷凍食品というのは水分を持っています。特にほうれん草は水分が多いので、煮て、水分を絞ってしまうと栄養価もうま味も出てしまうんです。ほうれん草の蒸気をシュウマイに当て、シュウマイのうま味をほうれん草と枝豆に移す。うま味を逃がさずに、フライパンひとつしか使わずに、10分でできてしまうんですよ。
たのえさん
蒸し時間は蒸し器と同じですね。
浜内先生
でも蒸し器だと先にお湯をわかさなくちゃいけないでしょ。こちらはフライパンに火をつけてから10分。
たのえさん
フライパンを使ったほうが合理的なわけですね。
浜内先生
そうですね。時間もかからない上に、付け合せもできてしまって、その上栄養のバランスもばっちり、というわけです。
たのえさん
これなら私でもできそうです!
調理写真

蓋をして蒸し焼きに
 

調理写真

ときどき蓋をとって様子を確認!
温度も調整

浜内先生
今日は中華の付け合せなので、塩コショウとごま油を使います。でも、粒マスタードなら洋風になるし、柚子胡椒で味をつければ和風になります。いろんな付け合せが簡単においしくできるのよ。
さあ、ときどき蓋をとって様子を確認しましょう。
たのえさん
いい香りがしてきましたね。
浜内先生
ちょっと温度を下げましょう。うま味成分は60度から70度のところで出やすいんです。電子レンジは一気に熱を通すので、 フライパンで蒸し焼きした方が、うま味も引き出されます。
たのえさん
そうなんですか。
浜内先生
餃子もこうやって蒸し焼きにするとおいしいのよ。さあ10分経ちました。シュウマイを出して、塩コショウとごま油で味をととのえます。
これで付け合せのできあがり。
調理写真

10分経ったら
えびシュウマイをとりだし

調理写真

具材を塩コショウと
 

調理写真

ごま油で味付け
 

たのえさん
おいしそう!
浜内先生
ほうれん草に枝豆を入れたのは、食感のメリハリを楽しむため。晩酌のおつまみにもいいでしょ?

手順のおさらい。

  • ・フライパンに冷凍ほうれん草、解凍して皮を剥いた枝豆を入れる。
  • ・野菜上に冷凍シュウマイを均等に並べる。
  • ・蓋をして弱火で5分、さらに中火で5分蒸し焼きする。
  • ・シュウマイだけを取り出し、皿に並べる。
  • ・フライパンのほうれん草と枝豆に、火を止めた状態で塩コショウ。
  • ・味を整えたらごま油で香りづけをする。
 
  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る