• pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

パパの幸せ料理術 パパ料理研究家 滝村雅晴の使える!おいしいレシピ

一緒に食べるお弁当。空っぽを楽しむお弁当

作ってもらうと嬉しいお弁当。僕も幼稚園、中学校と母に作ってもらっていました、
料理上手な母のお弁当は毎回楽しみでした。炊き込みごはんからサンドイッチ、チャーハンやカレーの時もありました。今の僕の味覚は母から教わり、お酒好き、つまみ好きな父からこだわりを学んだのかもしれません。そんな僕も、今では娘のお弁当を毎日作っています。
小さな箱に思いをつめる作業は楽しくもありながら、工夫も必要。
戻ってきた弁当箱の蓋をあける瞬間、ちょっとドキッとしますね。空っぽの箱を見てホッと。

みんなと食べるお弁当もいいけれど、作ったお弁当が空っぽになるのも楽しむ。
それがお弁当づくりの醍醐味ですね。

もう一個、食べたかったな。枝豆とキノコの炊き込みごはんおにぎり

image_01.png

お弁当の定番おにぎり。中に具が入っているおにぎりも楽しみだけれど、見た瞬間に炊き込みごはんだとわかるおにぎりも、お弁当にはいっていると嬉しい。

その美味しさに、あっという間に一個ペロリ。さらにもうひとつペロリ。
枝豆の食感も楽しめます。

次回はこのレシピにチャレンジして、空っぽのお弁当箱と一緒に、
「こんど、おにぎりもう1つ増やしてね」とリクエストされてみたいですね。

材料(4人分)

2合
2合 360cc
冷凍枝豆
200~250g ※さや付き
しめじ
1/2パック
舞茸
1/2パック
生姜
2枚 スライス
大葉
10枚 ※お好みで
A
・薄口しょうゆ
大2/3
・酒
大2
小1
昆布
1枚
ごま油
適量
アト辛おとな味
・黒七味
子手伝い
・米をとぐ
・枝豆のさやから豆をとる
・しめじ、舞茸をばらす
・炊き立てをのぞく

作り方

  1. 米は洗い、鍋に米と水を入れ30分ほど浸しておく。枝豆は解凍し豆だけ取り出す。
    しめじ、舞茸はいしづきを切って手でばらばらに。生姜は千切り。
    といだお米豆だけ取り出した枝豆ばらばらにしたしめじ
  2. 鍋に、塩、生姜、A、枝豆、しめじ、舞茸の順に入れて混ぜ合わせる。
    鍋にAを入れる続いて枝豆を入れるしめじ、舞茸を入れる
  3. 上に昆布を乗せて蓋をし、強火にかける。沸騰したら弱火にして13分。火を止めて蒸らして15分で出来上がり。
    2 の鍋昆布を乗せる
  4. 手に軽くごま油を塗り三角形のおにぎりにし、お好みで大葉をまく。
    三角形ににぎる完成イメージ
 
  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る