• pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

潜入!工場見学 コロッケ・シューマイ工場

環境と自然と、冷凍食品

試食を終えて、工場にある "ビオトープ" という場所に案内されたよ。

ビオトープ

フリージー
「ビオトープってなんですか?」
工場の人
「自然環境を再現した場所だよ。ここに植えられているのはここ安城でよく見られる植物。池には日本固有のメダカが泳いでいるよ。いまは、外来種のメダカが多いから、これは貴重なんだよ。」

ビオトープ

川

フリージー
「どうしてこういう施設をつくったんですか?」
工場の人
「工場の環境を知ってもらうためでもあるんだ。ここに流れている水は、工場で使った水を浄水したもの。メダカがすめるほどきれいにして、川に流しているんだ」

川

フリージー
「他のゴミはどうしているの?」
工場の人
「検査で製品にならなかったものや生ゴミは、飼料にして家畜の餌にしているよ。それと廃油、これは燃料油に生まれ変わって、工場を動かしているんだよ。」
フリージー
「いろいろ再利用されているんですね。」
工場の人
「どれだけ環境に気を使っているか、見てもらうためにもビオトープは役立っているんだよ。周辺の小学生と、これからどんな魚を増やすかを相談したりもしているんだ。」
フリージー
「ところで、冷凍食品づくりで大切なことはなんですか?」
工場の人
「それはね、家庭で食べるのと同じだよ。きちんと火を通す。そしてパッケージの表示通りに作る。家で料理を作るのと、工場で作るのは同じこと。家族が食べて喜んでくれるような冷凍食品をつくることが、僕たちの理想だよ」

分かりやすい説明、そしておいしい冷凍食品をありがとうございました。

フリージー

見学をおえて。

工場はとにかくキレイでした。
24時間動いているんだけど、毎日夜8時から4時間、機械を分解して清掃しているんだって。ニッスイは水産加工の会社なので、えび、かに、魚のすり身はグループ内で一貫生産しているんだ。天然資源がなくならないよう、きちんと管理してるんだって。これも大切なことだね。
シューマイもコロッケも、お母さんがお弁当によく入れてくれるメニューだね。おかずに冷凍食品を見かけたら、こんな話を思い出してみてね。

工場の人とフリージー

国内の工場についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。

※日本冷凍食品協会 公式ホームページにリンクします

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る