• pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

潜入!冷凍食品工場: ギョーザ工場

超近代的なチェック!

工場の人
「冷凍したギョーザは、ここでパックして、箱詰めまでしてしまうんだ。」
フリージー
「面白いなあ、ギョーザ作りから箱にしまうまで、すべての工程が連続しているんだね。」

包装の機械

あれ、こっちは全部カバーがついているよ。

工場の人
「冷凍食品は、出来上がってからも気が抜けないんだよ。トレイに載った、美味しいギョーザも、その上に1本でも髪の毛が落ちたら台無し。ベルトコンベアーのカバーも毛やホコリ、それから虫なんかが入らないようにするための工夫なんだ。」

包装の機械

ここにはいろんな機械が並んでいるよ。これはなにをしているの?

工場の人
「出来上がったギョーザを、全部写真に撮っているんだ。このカメラは0.5mmのものまで見えるんだ。すべてを記録させているよ。」

ギョーザの機械1ギョーザの機械2

だから、買ったギョーザのトレイにある番号で問い合わせると、出来上がって、梱包されたときのものをX線写真でチェックできる。これはすごいなあ。

工場の人
「梱包されたギョーザはすぐに箱詰めされ、出荷されるんだよ。」
フリージー
「あれ? 倉庫にいれるんじゃないの?」
工場の人
「この工場で作られたギョーザは、専用の冷凍車で茨城県関宿にある冷凍倉庫に送られるんだ。何度も移動させないで、一気に専用倉庫で保管、そこから出荷するほうが品質も一定に保てるからね。」

トラックヤード

“ トラックヤード ”という出荷場所も見せてもらったよ。ここにも“ エアシャワー ”があって、運転手さんたちがホコリを工場内に持ち込まないようにしている。徹底的にやってるんだなあ。さすがです!

トラックヤード

できたてのギョーザはとってもジューシー。

最後に製品検査の部屋に連れていってもらったよ。

工場の人
「フリージー君、ここで1日2回、ギョーザを食べてチェックしているんだ。」

ギョーザを焼くところ

ちょうど検査の人がギョーザを焼いていたよ。これは今日の午前中作られたもの。でも作る途中で冷凍するから、ここでは家庭と同じように調理して確かめるんだ。

検査の人は難しい顔でギョーザを食べながら、なにやら書き込んでいる。でもいい匂いだなあ・・・。

ギョーザを焼くところ

官能検査の様子

工場の人
「検査が終わったらフリージー君にも作ってあげよう。」
フリージー
「わーい! でもおじさん、なんでみんな難しい顔してるの?」
工場の人
「この人たちは "官能検査" といって、味や食感、匂いや形をチェックしているんだ。この検査ができるのは "五味検査" といって "甘み" "苦味" "塩味" "うま味" "酸味" の微妙な違いを感じ分けるテストに合格した人だけなんだ。すごく薄められた試薬を選り分ける、とても繊細な味覚を持った人たちなんだ。」

官能検査の様子

だから、ちょっとした違いもすぐわかるんだって。

焼きあがったギョーザ

工場の人
「味は変わらないんだけど、ちょっと水分が多いとかね。それではダメだから、すぐ出荷をストップする。そうして味を守るんだ。でも、めったにないことだけどね。さあ焼きあがったよ。」

焼きあがったギョーザ

フリージー
「やったー! できたての餃子を、いただきます。うん、とってもジューシー! この味を、いつでも、同じように食べられるなんてうれしいです。こちそうさまでした!」

国内の工場についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。

※日本冷凍食品協会 公式ホームページにリンクします

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る