•  >
  • 【1957年へタイムスリップ】南極観測隊の食事に活躍した冷凍食品

【1957年へタイムスリップ】南極観測隊の食事に活躍した冷凍食品

2014.10.10

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
棚氷(陸上から海上にのびている氷)に掘った穴に冷凍食品を保存している様子(画像提供:株式会社ニチレイフーズ)

【1957年へタイムスリップ】南極観測隊の食事に活躍した冷凍食品

1957年(昭和32年)に戦後初めて日本から南極観測隊が派遣され、観測船「宗谷」に越冬用食料として、えび、ほたて、あじ、ほうれん草、枝豆、漬物、茶わん蒸し、みかんなど約70種類の冷凍食品が積み込まれました。
南極は氷の国だから、野外に放りだしておけば、食料は腐らないと思われがちで、準備委員会も冷凍庫の準備をしていなかったそうです。そのため越冬生活を始めた第1次越冬隊は、棚氷(陸上から海上にのびている氷)に掘った穴に冷凍食品を保存した、それがこの写真です。
なお、当時の日本では冷蔵庫は普及しておらず、冷凍食品のほとんどは業務用でしたが、第1次南極観測隊が冷凍食品を採用したことをきっかけに、冷凍食品が普及していきました。 画像提供:株式会社ニチレイフーズ

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

もっと詳しく知る・役立つ

トップへ戻る