•  >
  • 冷凍食品の利用状況実態調査について

冷凍食品の利用状況実態調査について

2015.04.08

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

日本冷凍食品協会では、毎年、冷凍食品の利用状況実態調査を実施しています。今回の調査は2月28日から3月1日にかけて、冷凍食品を利用している全国の25歳以上の男女1,250人を対象に実施しました。

調査結果は、以下の通りです。

  • ・冷凍食品の利用頻度は週平均1.7回で昨年からほぼ変わらず。
  • ・購入場所では、特に男性で「コンビニ」や「ドラッグストア」が増加傾向。
  • ・冷凍食品の魅力として、若い人ほど「おいしい」ことを支持。
  • ・購入時の割引率の平均は3.7割引。「5割引」で購入している人は減少。
  • ・プライベートブランド(PB)については、約4分の1の人が内容を認知している。
調査結果
詳しくはこちらをご覧ください。外部リンク

※日本冷凍食品協会 公式ホームページにリンクします。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

もっと詳しく知る・役立つ

トップへ戻る