•  >
  • 保存料が入っていないから安心! 冷凍野菜で離乳食をつくろう
10月は冷凍食品月間10月は冷凍食品月間

保存料が入っていないから安心! 冷凍野菜で離乳食をつくろう

2016.02.22

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
保存料が入っていないから安心! 冷凍野菜で離乳食をつくろう

凍ったまますりおろすのも可能だから、ラクラク離乳食に使えちゃう

冷凍食品は「保存料が入っているから長持ちする」と思っている人がいますが、それはまったくの間違い。冷凍食品は-18℃以下で保存されているため、その状況下では腐敗の原因となる微生物が活動できないため、保存料を使わなくとも長く劣化せずに保つことができるのです。だから、小さい子どもにも安心して食べさせることができます。

しかも、凍った状態だと、おろし器で細かくすりおろすのもとても簡単。離乳初期のペースト状のものを作るときに欠かせないすりおろす作業が楽になり、便利ですよ。そんな冷凍野菜のメリットを利用して、洋野菜ミックスに入っているブロッコリー、にんじん、カリフラワーを使って、離乳初期から後期まで3つの離乳食レシピをご紹介します。

ゴックン期(離乳初期)
ブロッコリーがゆ

材料(1人分)

冷凍ブロッコリー
30g
10倍がゆ
適量

作り方

ブロッコリーの花の部分だけ凍ったままおろし器ですりおろしたら、少量の水と一緒に小鍋でやわらかくなるまで煮る。10倍がゆの上に適量乗せる。

煮沸消毒したおろし器でブロッコリーをすりおろす

煮沸消毒したおろし器でブロッコリーをすりおろす。

モグモグ期(離乳中期)
にんじん蒸しパン

材料(4個分)

冷凍にんじん
20g
小麦粉
60g
牛乳
60ml
ベーキングパウダー
小さじ1

作り方

凍ったままのにんじんをおろし器ですりおろし、他の材料とともにボウルの中で混ぜ合わせる。カップに4等分して入れ、蒸し器で10~12分蒸す。(竹串を刺して生地がくっついてこなければでき上がり)

にんじんも同様にすりおろしてから材料と混ぜ合わせる

にんじんも同様にすりおろしてから材料と混ぜ合わせる。。

カミカミ期(離乳後期)
カリフラワーのミルク煮

材料

冷凍カリフラワー
30g
200ml
牛乳
大さじ1
ひとつまみ

作り方

カリフラワーを袋の表示通りに解凍し、花の部分だけひと口大に切る。水とともに小鍋に入れて柔らかく煮る。牛乳と塩を加え、ひと煮立ちさせる。

固い軸は取り除き、花の部分をひと口大に切る。

固い軸は取り除き、花の部分をひと口大に切る。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

もっと詳しく知る・役立つ

トップへ戻る