•  >
  • 里芋の白さを生かしたホワイトポテサラは新感覚・冷凍里芋アレンジ2
10月は冷凍食品月間10月は冷凍食品月間

里芋の白さを生かしたホワイトポテサラは新感覚・冷凍里芋アレンジ2

2016.04.13

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
里芋の白さを生かしたホワイトポテサラは新感覚・冷凍里芋アレンジ2

シャキッとした歯ごたえも楽しい新食感の和風ポテサラ

冷凍里芋を初めて手にしたときにまず驚くのが、その白さ。実はこれ、漂白をしているわけではありません。ほとんどの冷凍野菜は変色や組織の破損を防ぐため、「ブランチング」という加熱処理がなされますが、里芋の場合は加熱しすぎると黒くなる性質があるため、ほかの物に比べて軽くブランチングが行われます。これにより、自然の白さを保つことができるんです。

ジャガイモでつくるポテトサラダは少し黄色っぽくなりますが、里芋を使えば真っ白いサラダに仕上がって新鮮! 色鮮やかな桜エビと合わせて、いつもとは一風変わったポテサラを楽しんでみて。

隠し味の柚子こしょうでピリリと
里芋の和風サラダ

材料(2人分)

冷凍里芋
250g
A
マヨネーズ
大さじ1
適量
柚子こしょう
小さじ1/4
桜エビ
ひとつかみ分
万能ねぎ
適量

作り方

冷凍里芋を水通しをし、なるべく平らな耐熱容器に入れて、500Wで6分加熱をする。
粗熱をとったら、乱切りにする。里芋とAを混ぜ合わせ、器に盛り、小口切りにした万能ねぎを散らす。

調味料や具を入れ、さっくりとよくかき混ぜる

味が均一になるよう、調味料や具を入れたら、さっくりとよくかき混ぜて。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る