•  >
  • 梅雨時期は食中毒に要注意! お弁当が傷まないようにするコツって?
10月は冷凍食品月間10月は冷凍食品月間

梅雨時期は食中毒に要注意! お弁当が傷まないようにするコツって?

2016.06.06

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
梅雨時期は食中毒に要注意! お弁当が傷まないようにするコツって?

粗熱を取ってから詰めるのが基本中の基本!

6月に入るとジメジメ、湿度の高い日が続きます。この時期、気をつけたいのが食中毒。カビや細菌類が発生しやすく、食べ物が腐りやすくなるため、火をよく通したものを食べることが大事です。特にお弁当は、作ってから食べるまでに時間が空くため、細心の注意を払って詰めることが必要。

そこで今回は、梅雨時期のお弁当の留意点をおさらい。よく頭に入れて、毎日のお弁当作りに役立ててください。

まずは大前提として、手洗いをきちんとする、調理器具は清潔にして乾燥させる、作り置きの食べ物は再加熱する、この3つを守りましょう。

梅雨時期お弁当の詰め方ポイント1
ご飯もおかずも、完全に冷ましてから入れる

おにぎりは、一度ラップを広げて冷ます

まず初めに、冷めにくいご飯から取りかかるのがオススメ。小皿に詰めるご飯をよそって置き、冷ましてから詰めるようにしましょう。おにぎりにするときは、ラップで握り、一度ラップを広げて冷ましてから、改めて包み直すこと。梅干しを混ぜ込んだご飯などにすると、さらに安心です。また、一晩炊飯器に入れっぱなしにしたご飯は、お弁当に入れるのは避けて。冷凍保存していたものを電子レンジで加熱して、冷ましてから入れる方が安全です。

梅雨時期お弁当の詰め方ポイント2
自然解凍品を上手に活用

自然解凍品を活用

最近は冷凍食品の中でも、自然解凍できるものが人気。加熱→粗熱を取るという作業が必要ないため、よく冷まさずに入れて周りの食品を腐らせてしまう心配もなく、また当然時短にもなるので、時間のない朝には大助かり! おかずの品数を増やすのにもひと役買います。

梅雨時期お弁当の詰め方ポイント3
「おいしそうに見える」には彩りも重要!

「おいしそうに見える」には彩り、冷凍の洋野菜ミックス

梅雨時期に限らず、お弁当をおいしそうに見せるには、赤、緑、黄色などの鮮やかな色の食材を入れましょう。こんな時に便利なのが、冷凍の洋野菜ミックス。にんじんやブロッコリー、ヤングコーンなどが入っていて、これだけで彩りはカバーできちゃうんです。ドレッシングなどの塩や酢が含まれた調味料で味付けをすれば、食中毒対策に。

以上に気をつけ、梅雨時期のお弁当作りを楽しく乗り切ってください!

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

もっと詳しく知る・役立つ

トップへ戻る