•  >
  • 海の日記念! 意外とたくさんある、海産物を使った冷凍食品の魅力
10月は冷凍食品月間10月は冷凍食品月間

海の日記念! 意外とたくさんある、海産物を使った冷凍食品の魅力

2016.07.18

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
海の日記念! 意外とたくさんある、海産物を使った冷凍食品の魅力

魚の摂取量が減っている今、魚介類の冷凍食品が注目を集めています

海に囲まれている島国である日本では、古来から多くの魚を食べていました。しかし、徐々に欧米の食文化が入ってくるにつれて、特に若い世代の食卓の中心は魚より肉へとシフトし、日本人の一人当たりの魚の年間摂取量は、年を追うごとに減っています。

魚介類を日常の食事に取り入れにくい理由のひとつに、「扱いにくい」ということがあります。魚なら三枚におろして、小骨を取ってからフライにしたり、貝類なら事前に砂抜きが必須であったり、調理に時間がかかる食材が多いのは確か。

そこで注目されているのが、魚介類を使った冷凍食品。皮や骨がしっかりと処理され、加熱してすぐに食べられる状態になっているメニューは、毎日の食事に重宝します。あと一品ほしいときに、ぜひ役立てて。

バルごはん パエリア仕立て(日本水産)

バルごはん パエリア仕立て(日本水産)

いかやあさりなど8種類の具がたっぷり入った本格派スペインパエリア。きのこはアヒージョにしてから混ぜ込んであるため、にんにくとオリーブオイルのうま味が効いています。

えびとひじきのふんわり揚げ(味の素冷凍食品)

えびとひじきのふんわり揚げ(味の素冷凍食品)

白身魚のすり身の中に、ひじきやえび、枝豆などを入れて揚げたがんもどき風おかず。お弁当に入れる和惣菜としても人気。これひとつで10品目の食材が摂れるのもうれしい!

いかの天ぷら(マルハニチロ)

いかの天ぷら(マルハニチロ)

やわらかいいかを厚めの衣で包み、甘辛だれをたっぷりとしみこませた天ぷら。天丼風にしたり、おにぎらずにしたりと、色々な食べ方ができます。

えびチリくん。(ニチレイフーズ)

えびチリくん。(ニチレイフーズ)

小ぶりのえびを使っているので、お弁当にも入れやすい。ケチャップを使った甘めのソース仕上げで、子どもにも食べやすい。

海鮮チヂミ(日本製粉)

海鮮チヂミ(日本製粉)

いか、えび、たこが入った海鮮チヂミ。香ばしく、焼き立ての風味を味わえる。本格的なタレもついていて、これだけでサクッと一食を済ませることも可能。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る