•  >
  • 涼を呼ぶジュレとろろうどんで、夏バテを撃退!

涼を呼ぶジュレとろろうどんで、夏バテを撃退!

2016.07.25

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
涼を呼ぶジュレとろろうどんで、夏バテを撃退!

夏場に意外と使える冷凍食品は、とろろ&きざみオクラの二つ

暑い夏はご飯よりも断然麺の方が食べやすい! 特にのどごしのいい稲庭うどんは、食欲のない日にもつるつると入るので、冷凍のものを常備しておくと便利です。

冷たい麺メニューが増えると、買っておいて重宝するのが、冷凍のとろろと刻みオクラ。どちらも麺にかけて食べるととてもおいしいネバネバ系の具材で、すり下ろしたり刻んだりの手間いらずがありがたいんです。今回は、それに加えてジュレ仕立てにしためんつゆを添えて、清涼感のあるぶっかけ麺を作ります。

透明のジュレが夏らしさ満点!
ジュレとろろぶっかけうどん

材料(1人分)

冷凍稲庭うどん
1玉
冷凍山芋とろろ
1袋
冷凍刻みオクラ
30g
かけつゆ
250ml (※濃縮3倍めんつゆ50ml + 水200ml)
板ゼラチン
3g
梅干し
1個
大葉
2枚

作り方

板ゼラチンを氷水で3分ふやかす間に、かけつゆを鍋でわかし、ひと煮立ちしたら火を止める。板ゼラチンの水気をぎゅっと絞って鍋に入れ、完全に溶かし、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて約3時間冷やし固め、ジュレを作る。冷凍稲庭うどんを袋の表示通りにゆで、冷水に取り、水気を切る。うどんを器に盛り、ジュレ(適量)、解凍したとろろと刻みオクラ、梅干し、大葉を盛る。

冷やし固めたゼリー状のめんつゆは、フォークなどで砕いて乗せる。

冷やし固めたゼリー状のめんつゆは、フォークなどで砕いて乗せると、見た目がキラキラして美しい。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る