•  >
  • 冷凍食品を乗せて栄養バランスUP!夏のランチに“ビビンバ風そうめん”

冷凍食品を乗せて栄養バランスUP!夏のランチに“ビビンバ風そうめん”

2016.08.01

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
冷凍食品を乗せて栄養バランスUP!夏のランチに“ビビンバ風そうめん”

淡泊なそうめんの野菜不足を冷凍食品で解消

夏になると登場回数が俄然増えるそうめんは、さっぱりしているので暑い日や食欲が減退しているときに頼りになります。でも、食事として考えたときに、栄養価が偏るのが気になるところ。わざわざ天ぷらを揚げたり、野菜を刻んだりするのはちょっぴり面倒ですよね。

そこで役立つのが冷凍のお惣菜。磯部揚げなどの揚げ物だけでなく、「和惣菜ミックス」として売っているおひたしやひじき煮など、日ごろから不足しがちなビタミン、鉄などを補給してくれるおかずをトッピングして、シンプルなそうめんを豪華にアレンジしましょう。

栄養面だけでなく、食べたときの満足度もUPしますよ。

仕上げのラー油がアクセントに
和惣菜ビビンバそうめん

材料(1人分)

冷凍ちくわの磯辺揚げ
1本
冷凍きんぴらごぼう(グラシンカップ入り)
1カップ
冷凍ほうれん草ごま和え(グラシンカップ入り)
1カップ
冷凍ひじき煮(グラシンカップ入り)
1カップ
そうめん
100g
めんつゆ(ストレート)
50ml
小さじ1
ごま油
小さじ1
食べるラー油
適量

作り方

そうめんを袋の表示通りにゆで、冷水で締めてよく水けを切ったら、めんつゆ、酢、ごま油と和える。そうめんを器に盛り、表示通りに加熱したちくわの磯辺揚げと、袋の表示通りに解凍した和惣菜3種を盛り、食べるラー油を添える。

あらかじめ麺につゆを和える。

あらかじめ麺につゆを和えておき、そこに具を乗せる。種類が増えるほど、見た目にも鮮やか。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る