•  >
  • 秋の味覚・炊き込みご飯に合う一汁一菜を考えてみた
10月は冷凍食品月間10月は冷凍食品月間

秋の味覚・炊き込みご飯に合う一汁一菜を考えてみた

2016.10.28

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
秋の味覚・炊き込みご飯に合う一汁一菜を考えてみた

冷凍の鶏ごぼう炊き込みご飯に緑の副菜を合わせて

秋は一年でご飯がもっともおいしいシーズン。炊き込みご飯を楽しむ人も多いですよね。主食自体に具が入っているから、一緒に付け合わせとして食べる副菜は簡単なものでOK。特に冷凍の食材を活用すれば、下処理ができているものがほとんどなので、あっという間に一品、二品が作れてしまいます。

今回は冷凍の鶏ごぼうご飯に合わせて、冷凍ほうれん草に桜エビを和えたおひたしと、冷凍きざみオクラを使ったお味噌汁をご紹介。野菜もタンパク質もカルシウムもしっかり摂れる、バランスのいいメニューなので、朝食にもピッタリです!

緑の野菜をたっぷり添えて 鶏の炊き込みご飯定食

炊き込みご飯

材料(1人分)

冷凍鶏ごぼう飯
茶碗一杯分

作り方

袋の表示通りに加熱する。

味噌汁

材料(1人分)

冷凍刻みオクラ
20g
だし
1カップ
西京味噌
大さじ1前後

作り方

だし汁を沸かし、冷凍刻みオクラを凍ったまま入れて、火が通ったら味噌を溶かす。

副菜

材料(1人分)

冷凍ほうれん草
70g
桜エビ
20g
ポン酢
適量
ごま油
小さじ1/2

作り方

袋の表示通りに解凍した冷凍ほうれん草の水気を絞り、桜エビ、ポン酢、ごま油と和える。

ボウルの中で具と調味料をしっかりと和える。

おひたしは、ボウルの中で具と調味料をしっかりと和えておく。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る