•  >
  • 冷凍焼きおにぎりを活用!野菜もたっぷり摂れるきりたんぽ風鍋
10月は冷凍食品月間10月は冷凍食品月間

冷凍焼きおにぎりを活用!野菜もたっぷり摂れるきりたんぽ風鍋

2017.02.06

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
冷凍焼きおにぎりを活用!野菜もたっぷり摂れるきりたんぽ風鍋

コクと旨みのスープを吸った焼きおにぎりが絶品!

秋田名物のきりたんぽ鍋は、棒でつぶしたごはんを竹に巻き付けて焼いたきりたんぽ、鶏肉、せりなどを煮込んで食べる郷土料理です。最近ではスーパーなどでも、専用のスープや成型されたきりたんぽを買うことができるようになり、ぐっと身近な存在に。自宅で楽しむという方も多いのではないでしょうか。

今回は、そのきりたんぽの代わりに、なんと冷凍庫に眠っている焼きおにぎりを活用!「焼いたごはん」という意味では似ているこの二つの食品。焼きおにぎりがきりたんぽ鍋スープに合わないわけがありません。時間が経つにつれて、だし汁を吸ったおにぎりの味は深みを増し、最後はやわらかく雑炊風になるのもまた絶品。一度挑戦してみてはいかがですか?

香ばしいおこげに鶏のだしが出たスープがマッチ
焼きおにぎりのきりたんぽ風鍋

材料(4人分)

冷凍焼きおにぎり
4個
鶏もも肉
1枚(一口大にカット)
舞茸
1パック(手でさく)
長ネギ
1本(斜め切り)
ごぼう
1本(ささがき)
せり
1束(ざく切り)
めんつゆ
50ml
600ml

作り方

Aを土鍋に入れ火にかけ、軽く沸騰したら切った鶏肉を入れ、アクを取りながら煮る。鶏肉が白くなったら、舞茸、長ネギ、ごぼうと凍ったままの冷凍焼きおにぎりを加え、ふたをする。野菜に火が通ったら、最後にせりを加えてさっと火を通す。

鍋に、凍ったままの冷凍焼きおにぎりを加える。

鶏が軽く煮えたところに、凍ったままの冷凍焼きおにぎりを加える。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る