知る・学ぶ

物流・保管等に起因する商品問い合わせ事例集

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

冷凍食品メーカー各社では、製造工場で徹底した温度管理の下「商品温度 “-18℃以下” での出荷」を行っています。しかしながら、商品の物流・保管等におけるさまざまな要因が品質に影響を及ぼしていることについては、私たち冷凍食品メーカーだけでは解決することのできない課題であり、関連業界と一体となって解決すべき課題と考えています。
このコンテンツは、その実態と事例を皆様にお知らせすることで冷凍食品の正しい取扱いについてご理解していただくことを目的としています。

ここで紹介する事例は、当ホームページをご覧になる皆様に理解いただきやすいよう、特に状態の悪いものを選んで掲載しています。このような状態では、味、風味、色等の品質劣化が進んでいる場合があるため、お召し上がりになることはお勧めできません。
判断しかねる場合は、お買い求めになった店舗や商品メーカー(お客様対応窓口など)までお問合せください。

霜や氷がたくさん付いている!開閉ボタン

冷凍ブロッコリー

冷凍ブロッコリー

冷凍おにぎり

冷凍おにぎり

商品の表面に霜や氷が付着しています。(冷凍保管中の乾燥や酸化を避けるため、もともと食品の表面に薄い氷の膜が付いた商品は除きます。)

原因

野菜等の水分の多い食品には、多少の霜が付着することがありますが、極端に多く付着している場合は、メーカー(工場)から商品が出荷された後、お客様がお気付きになるまでの物流・保管等の過程で、商品が一時的に解凍され、その後、再凍結したためと考えられます。
パッケージ内の空気に含まれる水分や、食品に含まれる水分が流出し、再凍結したときに霜や氷となって食品や包装内に付着します。

中身が固まっている!開閉ボタン

冷凍炒飯〈再凍結品〉

冷凍炒飯〈再凍結品〉

冷凍炒飯〈正常品〉

冷凍炒飯〈正常品〉

冷凍ミックスベジタブル〈再凍結品〉

冷凍ミックスベジタブル
〈再凍結品〉

冷凍ミックスベジタブル〈正常品〉

冷凍ミックスベジタブル
〈正常品〉

正常品は一つ一つバラバラですが、中身が固まって、表面に霜や氷が付着し、一部が乾燥している場合があります。

原因

メーカー(工場)から商品が出荷された後、お客様がお気付きになるまでの物流・保管等過程で商品が繰り返し解凍、凍結したためと考えられます。
繰り返し凍結されると、パッケージ内の空気に含まれる水分や、食品から流出した水分が霜や氷になって固まってしまいます(ブロック化)。炒飯などでは水分が抜けた部分に空気が入るなどで、油分の酸化によって、腐敗しないまでも異臭を感じることもあります。

野菜の一部が白く変色している!開閉ボタン

冷凍枝豆〈再凍結品〉

冷凍枝豆〈再凍結品〉

冷凍枝豆〈正常品〉

冷凍枝豆〈正常品〉

冷凍グリーンピース

冷凍グリーンピース

野菜の一部が白く変色し、グリーンピースや、枝豆の外皮にシワがあり、乾燥しています。

原因

メーカー(工場)から商品が出荷された後、お客様がお気付きになるまでの物流・保管等過程で商品が一時的に解凍され、その後、再凍結したためと考えられます。
食品中の水分が凍るときに細胞膜を破壊して、細胞内に含まれる水分および色素が流出し、乾燥して白く変色したり、外皮が縮みシワが発生したりします。

うどんやスパゲティの一部が変色したり、割れたりしている!開閉ボタン

冷凍スパゲティ

冷凍スパゲティ

冷凍うどん

冷凍うどん

正常な商品は均一な色調ですが、うどんやスパゲティの麺の一部から、水分が失われてしまうと、白っぽくなったり、黄色くなって変色しています。また、その部位は硬い食感になってしまいます。

原因

メーカー(工場)から商品が出荷された後、お客様がお気付きになるまでの物流・保管等過程で商品が一時的に解凍され、その後、再凍結したためと考えられます。
製造工場では、茹で上がったうどんやスパゲティを非常に低い温度で急速凍結していますが、物流・保管過程で凍結状態が緩んでしまうと、冷凍庫内で再凍結する際には、ゆっくり時間をかけて凍結されることになります。その際、麺中の水分が失われてしまい、うどんは黄色に変色し、スパゲティは白色に変色してしまいます。乾燥により麺は割れやすくなります。また、加熱調理してもその部分は戻らずにぼそぼそした食感になってしまいます。

カビが生えている!開閉ボタン

冷凍パイシート

冷凍パイシート

冷凍コロッケ

冷凍コロッケ

表面の一部にカビが生えています。

原因

メーカー(工場)から商品が出荷された後、お客様がお気付きになるまでの物流・保管等過程で商品が解凍され、常温で数日、冷蔵で1週間ほどの長期間にわたり解凍状態が続き、その後、再凍結したためと考えられます。
温度変化を繰り返し受けた場合は、商品に霜や氷が付着したり、味、風味、色等の品質劣化をきたしたり、さらにはカビが発生することもあります。

タレがかかっていない!開閉ボタン

冷凍イカ天ぷら(正常品)

冷凍イカ天ぷら(正常品)

冷凍イカ天ぷら(しみ込み後)

冷凍イカ天ぷら(しみ込み後)

正常な商品は、衣の表面にタレがかかっていますが、衣にタレがしみ込んでしまい、タレがかかっていなかったように見えます。

原因

メーカー(工場)から商品が出荷された後、お客様がお気付きになるまでの物流・保管等過程で商品が一時的に解凍され、その後、再凍結したためと考えられます。
温度の上昇により、商品が一度解凍されてしまうと、衣の表面に付いたタレが商品(特に衣)にしみ込んでしまいます。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る