知る・学ぶ

購入時のポイント

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

購入時のチェックポイント開閉ボタン

  • -18℃以下とロードライン以下
    売り場の冷凍ショーケースには必ず温度計が付いています。ショーケースの温度が-18℃以下に保たれて、ロードライン(積荷限界線)以下に冷凍食品が陳列されていることを確認します。
    -18℃以下とロードライン以下
  • ガッチリ、カチンコチン
    -18℃以下のショーケースに陳列されている冷凍食品であればガッチリ凍っています。
    良い冷凍食品の証です!
    ガッチリ、カチンコチン
  • しっかり包装
    包装が破れていたら注意! 不衛生であり、乾燥や変色などで品質が低下しているおそれがあります。しっかり包装されていることが大事です!
    しっかり包装
  • きちんと表示
    冷凍食品には、名称、原材料名、原料原産地名(法に定められたもの)、内容量、賞味期限、保存方法、凍結前加熱の有無、加熱調理の必要性、製造者名などを表示することになっています。それらの必要な事項がきちんと表示されているかどうかを確認しましょう。
    きちんと表示
  • 認定証マークがある
    認定証マークのついているものは(一社)日本冷凍食品協会の「冷凍食品認定制度」に基づき認定された工場で製造された製品です。このマークのついているものは信頼の証です。
    認定証マークがある

持ち帰り時のチェックポイント開閉ボタン

  • 買う時は最後にカゴへ
    冷凍ショーケースから商品を出したら、解凍が始まります。
    解けないように購入は最後に。
    買う時は最後にカゴへ
  • 解けないように氷、ドライアイス、保冷剤、保冷バッグ
    温度の上昇により、冷凍食品が解けるのを防ぐために、氷、ドライアイス、保冷剤、保冷バッグを利用しましょう。
    夏場では新聞紙や包装紙などで2重3重に包み、買い物袋の中央に入れたりすることで、ある程度解けるのを防げます。
    溶かさないために氷、ドライアイス、保冷剤
  • 1袋よりもまとめ買い
    冷凍食品をまとめ買いすれば、お互いの冷気の作用で解けにくくすることができます。
    1袋よりもまとめ買い
  • 帰宅後はすぐに冷凍庫へ
    買い物が終わったらすぐに帰宅して冷凍庫へ。解かしてしまった冷凍食品を家庭の冷凍庫で再凍結することは、好ましくありません。解かしてしまったら「生もの」ですから、なるべく早く調理して食べるようにしましょう。
    帰宅後はすぐに冷凍庫へ
  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る