10月は冷凍食品月間10月は冷凍食品月間

【年齢・用途別】冷凍食品を使った超簡単スピード弁当

2019.04.10

  • LINEで送る
【年齢・用途別】冷凍食品を使った超簡単スピード弁当

メインは同じでも副菜と見た目を変えてバリエーションをつけて

幼稚園や学校でもそろそろお弁当が始まる時期。限られた時間で毎日違うおかずを詰めるのはとても大変ですよね。そんなときこそ、冷凍食品を賢く活用!揚げ物や煮物など朝から作るには手間がかかる主菜や、すきま埋めに便利なちょっとした副菜など、あらゆるメニューが揃っているので、バリエーションをつけるのにもってこい。もちろん時短にもつながります。

例えば同じメインおかずを使って、主食の見せ方や副菜を変えれば、家族それぞれにピッタリのお弁当をとっても簡単に作ることができます。今回は大定番の鶏のから揚げを主役に、3パターンのお弁当にトライします!

彩りとモチーフおかずにこだわって
キュートな幼稚園弁当

材料(お弁当1個分)

冷凍鶏のから揚げ
2個
冷凍星型ポテト
1個
冷凍ほうれん草ごま和え
1カップ
冷凍コーン
適量
バター
適量
塩・こしょう
適量
ごはん
適量
好みのふりかけ
適量
2個
白だし
適量
ミニトマト
1個

作り方

ごはんはふりかけを混ぜ込み、ラップを使って小さく握り、手まりおにぎりにする。同様にして2つ作る。卵は溶いて白だしを少々加え、卵焼きにする。一切れをさらに半分にカットしてハート型にする。冷凍鶏のから揚げと冷凍星形ポテトは袋の表示通りに加熱し、粗熱を取る。冷凍ほうれん草ごま和えと冷凍コーンはバターを熱したフライパンに凍ったまま投入し、軽く炒めて塩・こしょうで味付けし、粗熱を取る。ミニトマトはへたをとる。全てをお弁当箱に詰める。

星形のポテトで、すき間を埋める。

星形のポテトは見た目も可愛く、すき間埋めにもピッタリ。

育ち盛りの男の子も満足!
ガッツリ肉入り男子高生弁当

材料(お弁当1個分)

冷凍鶏のから揚げ
3個
冷凍ミニハンバーグ
2個
冷凍ナポリタンスパゲティ
1カップ
冷凍ブロッコリー
2個
ごはん
適量
好みのふりかけ
適量
2個
白だし
適量
ケチャップ
適量

作り方

ごはんをお弁当箱に詰め、ふりかけをかけ、粗熱を取る。冷凍鶏のから揚げ、冷凍ミニハンバーグ、冷凍ナポリタンスパゲティ、冷凍ブロッコリーは袋の表示通りに加熱し、粗熱を取る。卵は溶いて白だしを少々加え、卵焼きにし、切って粗熱を取る。すべてのおかずを詰める。お好みでハンバーグにケチャップをかける。

栄養のバランスを考えた
ヘルシーサラリーマン弁当

材料(お弁当1個分)

冷凍鶏のから揚げ
3個
冷凍和惣菜
1カップ
ごはん
適量
梅干し
1個
青じそ
1枚
2個
白だし
適量

作り方

ごはんをお弁当箱に詰め、粗熱を取る。梅干しと青じそを乗せる。冷凍鶏のから揚げ、冷凍和惣菜は袋の表示通りに加熱し、粗熱を取る。卵は溶いて白だしを少々加え、卵焼きにし、切って粗熱を取る。すべてのおかずを詰める。

  • この記事をシェアする
  • LINEで送る
トップへ戻る