• pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

潜入!工場見学 コロッケ・シューマイ工場

次々とシューマイが出来上がってゆく

最初に行った場所には、大きな機械があったよ。

フリージー
「おじさん、これはなに?」
工場の人
「チョッパーだよ。肉をあらびきにする機械だね。こっちはフードスライサー。材料の玉ねぎなどを細かく切り刻んで、ミキサーで混ぜ合わせるんだ」
モノレール
フリージー
「あれ? 材料を運ぶ人はいないの?」
工場の人
「フリージーくん、天井を見てこらん。
材料はあのモノレールが自動的に運んでいるんだよ。人の手に触れないから、清潔を保てるんだよ」

モノレール

シューマイ成型機
フリージー
「あっちの機械は?」
工場の人
「シューマイの皮を作る機械だよ。この皮と、さっきの具が "シューマイ成型機" という機械でひとつになるんだ。」

シューマイ成型機

コンベアー

この機械にはビックリ!穴の上に置いたシューマイの皮の上に、具が置かれると型に入って、きれいに出来上がったらトレイに入れられてコンベアーで運ばれる。まるで人が作っているみたい。

コンベアー

水蒸気がでてくる機械

見ていると、今度は水蒸気がでてくる機械に入っていったよ。

水蒸気がでてくる機械

工場の人
「フリージーくん、シューマイはどう調理する?」
フリージー
「蒸し器で蒸します!」
工場の人
「そうだね、この機械が蒸し器なんだ。蒸したあと冷やして、そのあと急速凍結する。
これで冷凍シューマイのできあがりだよ。」

工場の人とフリージー

コロッケの美味しさのヒミツは「衣の2度付け」

フリージー
「グゥー・・・す、すみません。」
工場の人
「この匂いは空腹にこたえるね。でも、コロッケも見学しておこう。」
フリージー
「はーい。」

コロッケはさっきのシューマイと別の場所で作られているんだ。こっちにも大きな機械。でもなんか違う。

ルーを作るところ
工場の人
「ルーを作っているんだ。ルーは牛乳と小麦、バターで作って冷却するんだ。そして、かわいい形のルーがたくさんできあがるんだ。」
フリージー
「大きいですね。」

ルーを作るところ

いっぱいのコロッケ
工場の人
「このパット(入れ物)ひとつで400キロあるんだよ。1個のコロッケに約14グラムのルーが使われるから、これだけでコロッケが約3万個できる計算になるね。」
フリージー
「3万個! 朝昼晩、ひとつずつ食べても27年かかるよ。大変な量だなあ。」

いっぱいのコロッケ

工場の方とフリージー
工場の人
「フリージーくん。工場内でボーッとしてちゃだめだよ!」
フリージー
「あ、おじさん、ごめんなさい。これはなにをしているの?」

工場の方とフリージー

衣をつける工程
工場の人
「凍らせたルーに衣をつけているんだよ。」
フリージー
「あれ、最初と2度目では衣の色が違う!」

衣をつける工程

揚げたコロッケ
工場の人
「これは企業ヒミツさ。美味しくするポイントだね。さて、そろそろコロッケの見学も終わりに近づいたよ」
フリージー
「あ、コロッケを揚げている!」

揚げたコロッケ

工場の人
「こうやって揚げられて、あの香ばしさと食感が生まれるんだ。ここで揚げているから、家ではレンジで温めるだけで美味しく食べられるんだよ」
できあがったコロッケを詰める様子

そうなんだ、美味しさはいろんなところで工夫されてるんだね。

さて、できあがったコロッケは・・・。
あ、人が手で詰めている!

できあがったコロッケを詰める様子

国内の工場についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。

※日本冷凍食品協会 公式ホームページにリンクします

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る