• pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

潜入!冷凍食品工場: ギョーザ工場

工場の人に質問してみたよ。

フリージー
「工湯内がピカピカだったけど、掃除の時間とかあるんですか?」
工場の人
「この工場は掃除のための時間はとっていないんだ。生産(作業)が終われば、洗浄する。手の空いた時間も掃除をする。定期清掃だと、それまでの時問にカビとかが繁殖するかもしれない。いつもきれいにしておけば、その心配もないよね。自分の仕事場だから、どこが汚れるか分かっているからね。」
フリージー
「大きな工場の割に、人が少なかったように思います。」

具を混ぜる作業

工場の人
「たとえば具材を混ぜる作業は1人でできるようにしてある。これは2人だと「相手がやったんじゃないか」と勘違いする恐れがあるから。1人で責任をもってやれるように、作業は細かく分けてあるんだ。そのほうが覚えるのが早いからね。でもニラの選別などは4人がかり。1人がチェックしたものを、次の人もチェックするんだよ。これは見落としを避けるため。きちんと人の手と目をつかっているよ。お家で作るのと同じくらいてまひまかけていることを、知っておいてほしいな。」

具を混ぜる作業

フリージー
「ずっとずっと昔から、味は変わらないの?」
工場の人
「いやいや、冷凍ギョーザのようなロングセラー商品は「永久改良品」と呼んでいるんだ。つまり、いつも美味しさを追求して、味は少しずつ進化しているんだね。どんどん美味しくなって、いつまでも愛され続けるギョーザをめざしているよ。」
フリージー
「ギョーザの匂いが気にならないのはなぜ?」
工場の人
「冷凍ギョーザには "ハーブニンニク" という、技術的に匂いを控えめにしたニンニクが使われているんだ。女性は匂いを気にする方が多いので、こうした研究は欠かせないんだ。おかげでお弁当にも抵抗なくギョーザを入れてもらえるようになったよ。」
フリージー
「ほかにも新しい工夫ってありますか?」
工場の人
「たとえば、いまのギョーザは水も油も使わないで、だれでも簡単に焼けるようにしてあるんだよ。改良はいつも続いているんだ。」
フリージー
「餃子はいつが人気なの?」
工場の人
「夏が出荷のピークになるね。暑い時はスタミナつけたい、って思うでしょう? あとビールのつまみにもってこいだから、夏の売れ行きがいいんじゃないかな。」
フリージー
「びっくりしたのは、検査の厳しさでした。」

パッケージ

工場の人
「パッケージ前、パッケージ後の写真とX線写真が保存されているんだよ。餃子のトレイに書かれた番号で、製品になった時の写真や重さなどのデータ、それからX線写真(ここでも撮るんだ)を全部見ることができるんだ。写真の保存期間は、製品の賞味期限が1年なので、余裕をみて18ヶ月間。実際の写真で確認できるように管理しています。」

パッケージ

フリージー
「見学しおわってみると、工場という感じがしませんね。」
工場の人
「ギョーザを包んで蒸して、凍らせてパッケージするまでは完全にオート化されているけれど、他は家で作るのと変わらないからね。お母さんが作ってくれるギョーザが美味しいのは、きちんと手を使って作るからなんだと思う。キレイにするのも、清潔を心がけるのも、家で料埋するのと同じだと思うんだ。」
フリージー
「工場って誰でも見に来れるの?」
工場の人
「工場見学の申し込みは、いつでも受けていますよ。ただし機械や食材が多いので、小さなお子さんなどは中に入れないこともあります。詳しくは味の素冷凍食品まで、問い合わせてみてください。」
フリージー

見学をおえて。

工場内を案内してくださった方は「ここがすごいんです!」とか「ここを見てください!」とか、全然言わないんだ。なんでもどうぞと涼しい顔。

ぼくもとくに気にしていなかったけど、注意して見てみると工場のどこを見ても、キレイなことに気づいたんだ。床にも、部屋の隅とか、機械の下とかにもゴミがない。もちろん作業中にキャベツがこぼれたりするんだけど、あとで行ってみるとキレイに片付いている。気持ちがよかったなあ。
あと、事務所の人が総出で迎えてくれた。みなさん忙しいのに、どうもありがとうございました!

美味しい冷凍ギョーザは、きれいで気持ちのいい工場で作られていました。
さあ、今日も暑い中がんばったし(工場の中は適温だったけど)帰ったら晩ごはんのおかずは冷凍ギョーザがいいな。お母さんにお願いしてみようっと。

工場の人 工場とフリージー

国内の工場についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。

※日本冷凍食品協会 公式ホームページにリンクします

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る