そうめんを揚げて皿うどん風に!ビールと相性抜群の中華風パリパリ麺

2018.07.11

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
そうめんを揚げて皿うどん風に!ビールと相性抜群の中華風パリパリ麺

揚げたそうめんに冷凍中華惣菜をのせるだけ!

いよいよ本格的な夏が到来。この時季に食卓に登場する回数が増えるのが、ズバリそうめんです。つるつるとのどごしがよく、食欲がないときも食べやすいそうめんは、暑い季節にとても重宝しますが、食べ方がワンパターンになりがちなのが悩みどころ。そこで今回は、麺を揚げることで食感に変化をつけた、スタミナたっぷりのメニューを作ります。

そうめんは、乾麺のまま揚げるのではなく、一度ゆでてから油の中へ。ゆでたては水分を多く含んでいることもあり、油に入れるとハネてしまうだけでなく、型崩れしやすくなります。そこで、ゆでたそうめんを少しずつくるりと巻いた状態で置いてなじませ、水分が少し飛んでから揚げるのがポイント。きつね色にこんがりと揚がったら、お弁当用のカップ入り中華惣菜を温めてのせるだけで、皿うどん風ひと口そうめんの完成です。

夕食のおかずとしてはもちろんのこと、ビールとも相性良好。夏の晩酌にオススメですよ。

パリパリの麺とコクのある中華惣菜がマッチ
中華風揚げ麺

材料(6個)

冷凍中華惣菜
3種×各2個
そうめん
2束
適量
パクチー
適宜
ラー油
適宜

作り方

そうめんは袋の表示通りにゆでて、流水でもみ洗いし、水けをよく取ったら、少量ずつまとめて、そのまま少し乾かす。揚げ油に入れ、両面香ばしく揚げたら、塩を軽くふる。袋の表示通りに加熱した冷凍中華惣菜をのせ、お好みでラー油とパクチーを添える。

そうめんは、きつね色になるまでしっかり揚げる。

ゆでて丸めた状態で少し放置してから油に入れると、まとまりがよくなって揚げやすく、油ハネもしにくくなります。きつね色になるまでしっかり揚げるのもポイント。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る