• pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

潜入!工場見学 フリージー中国へ行く

第5回中国の安全最先端

第5回中国の安全最先端 (2/5)

これが中国の品質、最前線。

さあ、中国がトップレベルの検疫施設に潜入だ! 見学者は、足カバーをつけて入ります。

足カバーをつける装置

これは足カバーをつける装置。

足カバーをつける装置

足カバーをつける様子

ここに足を入れて、カバーをつけるんだ。

足カバーをつける様子

足カバーのできあがり

はい、できあがり!

足カバーのできあがり

この検疫施設には、約300人の人々が働いていて、ほとんどが博士号を取得のエリート!彼らは、大学で検疫に関する専門教育をうけたあと、国家試験、そして山東省が独自に行う試験にも合格しなきゃいけないんだ。

施設の人

お仕事中、失礼します!!

フリージーとカメラ

施設の人

機械1機械2

これらは、日本のきびしい基準をチェック出来る機械たち。

機械3

輸出する国の基準に合わせた丁寧な検査が行われているよ。 なんと1度の検査で、300~400の項目が調べられるそう。

機械3

機械は、日本をはじめ、アメリカの最新鋭のものがたくさんそろっているんだ。 ちなみに一機1億円もする機械もあるそう!

冷凍食品をはじめ、生野菜、加工品など、項目ごとの細かな検査が行われていたよ。 商品のぬきうちチェックも定期的に行っていて、企業から申告された検査結果と比較して、ずれや間違いがないかもきちんとチェックしてるんだって!

二重のチェック

二重のチェックで、徹底しているね。

二重のチェック

同じ施設内では、食品のほかにも医薬品などの検疫も行われています。 どこのブランド、どこのメーカーなど隠された状態で検疫が行われているんだ。 貿易が盛んな山東省だからこそ、技術も厳しさも中国トップレベルの検疫なんです。

国内の工場についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。

※日本冷凍食品協会 公式ホームページにリンクします

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る