•  >
  •  >
  • 残暑もこれで乗り切れる!キーンと冷やしたオクラ入りつゆで食べる夏うどん弁当

残暑もこれで乗り切れる!キーンと冷やしたオクラ入りつゆで食べる夏うどん弁当

2023.09.06

  • LINEで送る

喉ごしのいいうどんなら、食欲のない日も食べやすい

いよいよ2学期がスタート。さっそく子どものお弁当作りが始まった家庭も多いのではないでしょうか。

まだまだ暑い日が続く9月は、ごはんだとなかなか喉を通らないという人も。そこで、冷凍うどんを活用した、夏にうれしいうどん弁当を作りませんか?
つゆにはトマトと冷凍オクラ、おかずにとり天を添えると、栄養バランスもバッチリ。手軽にできてさっぱりと食べやすい、夏向き弁当のできあがりです!

冷凍オクラを入れればつゆも冷え冷え!
さっぱり夏うどん弁当

材料(1人分)

冷凍きざみおくら
20g
冷凍とり天
3個
冷凍うどん
1玉
めんつゆ
250ml(つけつゆの濃さに水で希釈する)
ミニトマト
4個(1/4にカットする)
おろししょうが
適量
オリーブオイル
小さじ1

作り方

めんつゆに、カットしたミニトマト、冷凍のままのきざみおくら、おろししょうが、オリーブオイルを加えて、スープジャーに入れる。冷凍うどんを袋の表示通りに加熱して、冷水でしめ、水気を切ったら、一口大ずつ弁当箱に詰めて、とり天を添える。

保冷ジャーにめんつゆとミニトマト、冷凍きざみオクラを入れて。凍ったまま入れれば、解凍する時間が短縮できるだけでなく、つゆも冷たくなって一石二鳥!

  • この記事をシェアする
  • LINEで送る
トップへ戻る