• pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

僕らのキッチン!

  • 1時間目 焼く、炒める

  • 2時間目 揚げる、蒸す

  • 3時間目 煮る、炊く

本日のおいしい方程式

方程式その1

冷凍野菜は他の食材と大きさを揃える
冷凍野菜を使う際には、他の食材と大きさを合わせると
食感が良くなり、おいしくなります。

方程式その2

冷凍野菜は硬いものから順番に
冷凍野菜を使う時には、硬いものから順番に入れていきます。
青物野菜は最後に入れるといいでしょう。
ですが、冷凍野菜は下ごしらえが済んでいるので、
あまり神経質になることはありません。

方程式その3

凍った食材を入れたら強火にする
中火での加熱は前回の方程式でも学びました。
今回も同様ですが凍った食材を入れると一時的に鍋内の温度が下がるので、
その時だけ若干強めにします。
浜内先生とたのえさん
浜内先生からひとこと。
2時間目は「煮る、炊く」という技法を学びました。

今回、全ての料理に冷凍野菜を用いましたが、それには理由があります。

冷凍野菜は下ごしらえの段階で加熱して、急速凍結しているため
組織が柔らかくなっています。そのため味も染み込みやすく、
煮たり炊いたりするにはもってこいの素材なんです。

このように、料理を手軽においしくするためには
技法にあった食材を選ぶことも重要なんですね。

次回は技法だけでなく、使用している食材にも注目しながら
おいしい料理を作りましょう!
  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る