•  >
  • 『10月18日は「冷凍食品の日」~ココロにおいしい、冷凍食品』イベントレポート

『10月18日は「冷凍食品の日」~ココロにおいしい、冷凍食品』イベントレポート

2017.10.27

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
『10月18日は「冷凍食品の日」~ココロにおいしい、冷凍食品』イベントの様子

『10月18日は「冷凍食品の日」~ココロにおいしい、冷凍食品』開催
東尾理子さん、三國清三シェフが冷凍食品の魅力をアピール

毎年10月18日は「冷凍食品の日」です。10月は食欲の秋であり、冷凍(レイトウ)のトウにつながること、そして、冷凍食品の栄養価を保ち、品質を維持するための世界共通の管理温度がマイナス18℃以下であることから、1986年にこの日を「冷凍食品の日」と制定しました。

その10月18日、冷凍食品の“便利さ”や“おいしさ”がもたらす「時間の余裕」や「心のゆとり」を感じていただきたいとの思いからイベント『10月18日は「冷凍食品の日」~ココロにおいしい、冷凍食品』をロイヤルパークホテル(東京都中央区)で開催しました。

当日は多数の応募者の中から抽選で、約200名の方々をご招待しました。イベントは2部構成で、プロゴルファーの東尾理子さん、洋食料理家の三國清三さんをゲストにお迎えし、第1部ではお2人による冷凍食品に関するトークセッションと東尾さんのクッキング実演を、また第2部では冷凍食品を使ったアレンジ料理の試食会を行いました。

プロゴルファーの東尾理子さん、洋食料理家の三國清三さんをゲストにお迎えしての「トークセッション」の様子

トークセッションでは、5歳の長男と昨年生まれたばかりの長女の2児の母親であり、毎日忙しい家事に追われている東尾さんから、

「冷凍食品はもちろん使いますが、それほど積極的ではないですね」

というお話がありましたが、

「ずっと-18℃以下で管理されるから衛生的でおいしさもキープ」
「急速凍結で食品の組織をこわさず栄養もそのまま」
「下ごしらえいらずで、食べる分だけ使えるからとってもエコ」
「しっかりした安全管理で、信頼して使える」


といった冷凍食品のメリットを知り、東尾さんは、

「冷凍食品って本当にすごいんですね」

と改めて感心されていました。

また、「2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会顧問会議」の顧問であり、今年の5月に冷凍食品の素晴らしさを広く深く伝える、「冷凍食品アンバサダー」に就任された三國さんは、

「私の師匠である当時の帝国ホテル・村上信夫総料理長は1964年の東京オリンピック選手村の料理長を務めた時、周囲の反対を押し切って冷凍食品を使ったのです。すると、その味が各国の選手や役員から絶賛を浴びました」

というエピソードを披露してくださいました。

冷凍食品協会の勧めるオリジナルメニューとして冷凍のつくねやオクラ、ほうれん草を使った「つくねのスペイン風オムレツ」を作る東尾さん

続いてステージ上では、東尾さんが冷凍食品協会の勧めるオリジナルメニューとして冷凍のつくねやオクラ、ほうれん草を使った「つくねのスペイン風オムレツ」、「ほうれん草とバナナのスムージー」を調理し、その手際の良さに来場者は感心していました。

「ほうれん草とバナナのスムージー」を作る東尾さん

試食した三國さんは

「どちらも本当においしいです。オムレツの中に入っているオクラの食感がいいですね。スムージーは、ほうれん草が苦手なお子さんもこれなら喜んで飲んでくれるでしょう。お好みに応じて、はちみつを入れてもいいかもしれません」

と感想を語っていました。

冷凍食品について知らないことも多かったとお話された東尾さん

最後に東尾さんは、

「冷凍食品についてはそれなりに知っているつもりでしたが、知らないことも多くて勉強になりました。それに、とてもおいしいことがよく分かりました。これからは冷凍食品をもっと使っていろいろな料理を作っていきたいですね」

また、三國さんは、

「2020年の東京オリンピックは8月の開催が予定されています。8月は端境期なので絶対に食材が不足します。ですから、今度のオリンピックも間違いなく100%冷凍食品で行こうと思っています。フレッシュよりもフレッシュな冷凍食品で世界中の人たちをおもてなししたいです」

とそれぞれ感想を述べていました。

第二部の試食会では、東尾さんに作っていただいた2品の簡単レシピの他、三國さんが考案した「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み 和風野菜添え」、ロイヤルパークホテルのシェフが「時間の余裕」や「心のゆとり」といった冷凍食品の特長を活かして作り上げたさまざまなメニューをご用意、来場者の皆さんにご堪能いただきました。
都内からいらっしゃった60代の主婦は、

「何を食べてもおいしいのでびっくりしました。今日のイベントを通じて冷凍食品のすごさがよく理解できました。わが家でもこれからは冷凍食品を利用して、いろいろなメニューに挑戦してみたいですね」

と語っていました。

会場では東尾さんと三國さんが言葉を交わしながら、料理を来場者に直接手渡しする光景も見られ、和気あいあいとした雰囲気のうちにイベントは終了しました。

第二部の試食会風景
当日、ご用意した冷凍食品アレンジメニュー一覧
(PDFファイル310KB)
  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

もっと詳しく知る・役立つ

トップへ戻る