•  >
  • 冷凍食品に添えても絶品! 絶対に失敗せずに半熟卵を作る方法

冷凍食品に添えても絶品! 絶対に失敗せずに半熟卵を作る方法

2015.10.26

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
冷凍食品に添えても絶品! 絶対に失敗せずに半熟卵を作る方法

料理が一気に豪華になる半熟卵、どんな風に作れば成功する?

ラーメンやカレーに入っているとうれしい半熟卵。自宅でも挑戦したことがある方は多いはず。ところが、慣れていないと火加減が難しく、白身が半熟になってしまったり、反対に固ゆでになってしまう場合も。

そこで今回は、誰でも上手に半熟卵を作る方法をレクチャーします。

ポイントは三つ。まず一つ目は、加熱時間を計ること。沸騰したお湯に生卵を入れ、加熱する時間はちょうど7分。これより短くても長くても上手にできません。二つ目は、お湯から引き揚げたらすぐに流水で冷やすこと。半熟卵はやわらかいので、むく時に力を入れるとつぶれてしまうことも。冷やしてむきやすくすることで、美しい半熟卵を作ることができます。そして三つ目は、加熱前に卵の底に小さい穴を開けること。これもむきやすくする工夫のひとつ。

冷凍ラーメンや冷凍カレーライス、サラダなどに添えれば、一気にお店みたいな雰囲気に。上の三つのポイントを押さえて、きれいな半熟卵にトライして!

安全ピンや画鋲などで卵の底に穴を開けてからゆでると、加熱後に殻がむきやすくなる。

安全ピンや画鋲などで卵の底に穴を開けてからゆでると、加熱後に殻がむきやすくなる。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

もっと詳しく知る・役立つ

トップへ戻る