•  >
  • 9時からごはん・疲れた夜は、しょうがを使った水餃子入り酸辣湯 スープを

9時からごはん・疲れた夜は、しょうがを使った水餃子入り酸辣湯 スープを

2016.06.24

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
9時からごはん・疲れた夜は、しょうがを使った水餃子入り酸辣湯 スープを

酸っぱさと辛味のハーモニーが絶妙!しょうがの持つパワーにも期待

ちょっと小腹が空いたけれど、カロリーが高い物は控えたい……そんなわがままに応える「9時からごはん」シリーズ。今回は、この季節にうれしい酸っぱ辛いスープをご紹介します。

今回注目する食材は、酢としょうが。酢はクエン酸の効果で疲労を回復し、しょうがは血行を促進して体を温めると同時に、発汗を促してくれます。屋外では暑く、室内ではクーラーで身体が冷えるなど、温度変化も堪える時季。この二大食材の力が必須です。

そこで、酢としょうがをたっぷりと入れて、お腹がふくれるスープに。水分だけだと口寂しいので、冷凍の水餃子で腹持ちをよく。夏はしっかり食べて、体力をキープすることが大切!体のことを考えた料理で、自分を癒してあげましょう。

汗をかきかき食べたい熱々の辛いスープ
酸辣湯水餃子スープ

材料(2人分)

冷凍水餃子
8個
A
500ml
鶏ガラスープ顆粒
大さじ1
ナンプラー
大さじ1と1/2
大さじ1と1/2
みりん
大さじ1
おろししょうが
大さじ1(お好みで)
1個
ラー油
適量

作り方

冷凍水餃子は袋の表示通りに加熱する。Aを全て鍋に入れ、ひと煮立ちさせたら、水餃子としょうがを加え、溶き卵を回し入れる。器に注ぎ、ラー油を好みでかける。

おろししょうがを鍋に入れる

おろししょうがはお好みの量を。香りのいいおろしたてがオススメですが、急いでいるときはチューブでも可。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る