•  >
  •  >
  • 平成30年『10月18日は「冷凍食品の日」~ココロにおいしい、冷凍食品』イベントレポート

平成30年『10月18日は「冷凍食品の日」~ココロにおいしい、冷凍食品』イベントレポート

2018.10.26

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
平成30年『10月18日は「冷凍食品の日」~ココロにおいしい、冷凍食品』イベントの様子

『10月18日は「冷凍食品の日」~ココロにおいしい、冷凍食品』開催
安めぐみさん、三國清三シェフが冷凍食品の魅力をアピール

10月18日は「冷凍食品の日」です。食欲の秋である10月が冷凍(レイトウ)のトウにつながること、そして、冷凍食品の栄養価を保ち、品質を維持するための世界共通の管理温度が-18℃以下であることから、1986年に「冷凍食品の日」と定めました。

その10月18日、冷凍食品の“便利さ”や“おいしさ”がもたらす「時間の余裕」や「心のゆとり」を料理する人にもご家族にも感じていただくとともに、冷凍食品がみなさんのココロまで満足を届けられるものであってほしいとの思いから、毎年恒例のイベント『10月18日は「冷凍食品の日」~ココロにおいしい、冷凍食品』をロイヤルパークホテル(東京都中央区)で開催しました。

当日は約7倍という高い競争率の中、抽選で選ばれた235人が来場されました。 イベントは2部構成で、冒頭に日本冷凍食品協会会長・伊藤滋が主催者を代表し「今や冷凍食品は家庭の食事だけでなく、ホテルのバイキングやファミレスなどで幅広く使われ、知らず知らずのうちに日本人は年間に1人当たり22.5Kgも食べています。まさに幸せ広がる身近な食品なのです」とご挨拶しました。

日本冷凍食品協会会長 伊藤滋

イベント冒頭で挨拶をする日本冷凍食品協会会長 伊藤滋

その後、タレントの安めぐみさん、洋食料理家で冷凍食品アンバサダーの三國清三さんをゲストにお迎えし、第1部では、お2人による冷凍食品に関するトークセッションと安さんのクッキング実演、第2部では、冷凍食品を使ったアレンジ料理の試食会を行いました。

トークセッションではタレントとしての活動に加え、お笑い芸人の東貴博さんの奥様であり、3歳半の娘の母親として、多忙な毎日を送っている安さんから、

「主人が突然、仕事仲間の芸人さんをたくさん連れて帰ってきたり、娘が幼稚園に通うようになってお弁当が始まったので、冷凍食品はとても助かります。そして、最近の冷凍食品は本当においしいです。冷凍庫の中に冷凍食品は欠かせませんね」

というお話が、また、2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会顧問会議の顧問を務める三國さんからは、

「昔、あまりいいイメージが無かった冷凍食品が見直されたのが1964年の東京オリンピックでした。周囲から反対の声もありましたが、選手村の料理長を務めていた私の師匠である村上信夫帝国ホテル総料理長が冷凍食品を使ったところ、その味が各国の選手や役員から絶賛を浴びたんですね。前回は10月でしたが、今度のオリンピックは真夏の8月ですから、食材が不足することは明らかです。冷凍食品がまた大活躍することは間違いないでしょうね」

というお話がありました。

安さんの娘の幼稚園のお弁当

お2人のトークで盛り上がった後、ステージ上では安さんが冷凍食品のクリームコロッケ、シーフードミックス、マンゴーを使った「クリームコロッケグラタン」「マンゴースムージー」を調理しました。試食した三國さんは、

「どちらもおいしいですね。これなら子供たちも大喜びしてくれるでしょう。バッチリです」

と感想を語ると、安さんは、

「調理中の私を見つめる三國さんのまなざしが鋭かったので緊張しましたが、そう言っていただいてホッとしました」

と笑顔で語りました。

「クリームコロッケグラタン」を作る安さんと鋭い眼差しの三國シェフの様子
「マンゴースムージー」つくる安さん

最後に、三國さんが冷凍食品アンバサダーとして、

「冷凍食品は急速冷凍されるため食材の組織を壊すことがなく、栄養を損なうこともありません。それにしっかりした安全管理をされているので信頼して使えますし、下ごしらえいらずで、食べる分だけ使えるからとってもエコなんですよ。ただ、パッケージに自然解凍OKと書いてあるもの以外は凍ったままで調理すること、それを忘れないでくださいね」

とアドバイスすると、安さんは、

「冷凍食品は毎日のように使いますが、それでも知らないことも多かったので、今日はとても勉強になりました。これからも冷凍食品をより良い方法で使って食生活をさらに豊かにしていきたいですね」

と感想を述べていました。

冷凍食品アンバサダーの三國シェフ
タレントの安さん

第2部の試食会では、安さんに作っていただいた2品のほか、ロイヤルパークホテルのシェフが冷凍食品の特徴を活かして考案した「シェフのインスピレーションメニュー」をはじめ、「納得!華やかパーティーメニュー」「世界のグローバルメニュー」「満足!スイーツメニュー」のアレンジメニュー16品を加えた全18品をご用意、来場の皆さんはそのおいしさを堪能されていました。

また、試食会では、安さんと三國さんが料理を直接サーブしながら来場者の皆さんと笑顔で言葉を交わす光景も見られ、皆さん大満足のうちにイベントは終了となりました。

第二部の試食会風景
当日、ご用意した冷凍食品アレンジメニュー一覧
(PDFファイル210KB)
  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

もっと詳しく知る・役立つ

トップへ戻る