•  >
  • 胃腸にうれしいネバとろ朝食で、体の中から元気に!
10月は冷凍食品月間10月は冷凍食品月間

胃腸にうれしいネバとろ朝食で、体の中から元気に!

2016.02.15

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
胃腸にうれしいネバとろ朝食で、体の中から元気に!

食べやすさに加え、ネバネバ成分で栄養たっぷり!

山芋は中国では山の薬、日本では山のうなぎと言われているほど。ネバネバ成分のムチンは、たんぱく質の吸収を高めたり、疲労回復の効果があるとされています。そのため、できるだけたくさん食べたいですよね。

でも、忙しい朝に山芋をとろろにするのは、手も汚れるし大変な作業。そこで冷凍のとろろをストックしておいて、冷凍のきざみオクラや納豆とネバネバ丼にしてみてはいかがでしょうか?

冷凍とろろはほかにも晩酌のお供が一品足りないときにお刺身と合わせてみたり、お好み焼きの生地に入れてみたり、ちょっとしたときにあると便利です。

朝からムチンを積極的にとって、一日元気に活動して!

粘りの強い三素材を卵黄のまろやかさがまとめて
3色ネバトロ丼

材料(1人分)

冷凍山芋とろろ
1袋
冷凍きざみオクラ
適量
納豆
1/2パック
卵黄
1個
ごはん
丼1杯分
しょうゆまたはめんつゆ
適宜
わさび
適宜

作り方

丼にごはんをよそい、袋の表示通りに解凍した冷凍山芋とろろ、冷凍きざみオクラと納豆、卵黄を盛り付ける。お好みでしょうゆ、またはめんつゆをかけ、わさびを添える。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る