•  >
  • 自然の甘みを生かしたかぼちゃの冷製スープで朝をスタート!

自然の甘みを生かしたかぼちゃの冷製スープで朝をスタート!

2016.08.03

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
自然の甘みを生かしたかぼちゃの冷製スープで朝をスタート!

かぼちゃの下処理要らずだから、スピーディに作れるんです

かぼちゃというと、「硬くて切るのが大変」「下処理が面倒で扱いにくい」などのイメージを持っている方も多いのでは? しかも、さらにそれをスープにすることを考えると、いくつものハードルを思い浮かべるかもしれません。

しかし、冷凍かぼちゃを買い置きしておけばそんな心配は不要。カットから下ゆでまで完了しているので、残った皮をむくのも簡単で、スープやサラダにも即アレンジができるんです。

炒めた玉ねぎと冷凍かぼちゃをコンソメでゆで、ミキサーなどで撹拌したら、あとは豆乳でのばすだけ。素材から十分な甘みが出るので、砂糖不使用でとてもヘルシー。

前夜に作っておき、蒸し暑い朝に冷たいスープを朝食に添えたら、家族にも喜ばれるはず!

バターの風味とコクがおいしさの秘密
かぼちゃと豆乳の冷製ポタージュ

材料(4人分)

冷凍かぼちゃ
250g
玉ねぎ
1/4個(みじん切り)
バター
15g
250ml
コンソメ
3~5g
無調整豆乳
100ml
適量

作り方

バターを溶かした小鍋に、みじん切りした玉ねぎと塩をひとつまみ加えて、しんなりするまで炒めたら、凍ったままの冷凍かぼちゃと水を入れる。かぼちゃが少しやわらかくなったら、一度取り出して皮を削ぎ、再度戻し入れ、コンソメを加えて、かぼちゃが崩れるくらいまでやわらかく煮る。火を止め、ブレンダー等で撹拌し、豆乳を加えて滑らかに混ぜ、冷蔵庫で冷やす。

鍋の中で撹拌する。

かぼちゃの角が自然に崩れるくらいやわらかくなったら、火を止めて、鍋の中で撹拌する。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る