•  >
  • ほうれん草のビタミンCをたっぷり摂るなら、生鮮or冷凍、どっち?
10月は冷凍食品月間10月は冷凍食品月間

ほうれん草のビタミンCをたっぷり摂るなら、生鮮or冷凍、どっち?

2015.10.07

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
ほうれん草のビタミンCをたっぷり摂るなら、生鮮or冷凍、どっち?

生だとあっという間に減少するビタミンC、冷凍ならこんなにキープできる

ビタミンCがたっぷりと含まれる食材として名高いほうれん草。旬は冬で、寒さが増すこれからがおいしくなる季節です。

実はそのほうれん草のビタミンC、生鮮だと冷蔵庫に保存していても、すぐに減少してしまうのです。その残存量は収穫後4.5℃で保存しても3日目で78%、常温の25℃では同じく3日目で56%。それに対して、収穫後すぐに急速冷凍したほうれん草を-18℃で保存しておくと、ビタミンCの量が半分の50%になるのはなんと33カ月後!

賞味期限の1年はほとんど変わらない状態で保存できるので、生鮮ほうれん草一束を使うのに何日もかかる人は、劣化やビタミンCの減少を気にせずに使える冷凍のものを活用してみてくださいね。

冷凍のカットほうれん草

冷凍のカットほうれん草なら、食べやすいサイズに切ってあるので、料理にもパパッと使いやすい。

緑・黄・赤の色のバランスも食欲をそそる
かきたまほうれん草スープ(写真上)

材料(2人分)

冷凍カットほうれん草
30g
鶏がらスープ(顆粒)
大さじ1
薄口醤油
小さじ1
ミニトマト
4個(二等分カット)
1個
ごま油
小さじ1/2

作り方

水2カップを小鍋で沸かしたら、卵以外を全て加えて、トマトに火が通る程度に軽く煮込む。溶き卵を回し入れて火を止めてしばらくふたをする。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

もっと詳しく知る・役立つ

トップへ戻る