知ってる?冷凍食品の始まりは、日本も海外も「冷凍いちご」だった!

2018.04.18

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
知ってる?冷凍食品の始まりは、日本も海外も「冷凍いちご」だった!

日本ではいつでもいちごが食べられるようにと発売

今回は、冷凍食品の始まりにまつわるお話を。以前こちらのサイトでもご紹介した通り、日本最古の市販用冷凍食品は、1931年の「イチゴシャーベー」だったと言われています。

大好きないちごをいつでも食べられるように、という気持ちから、冷凍のいちご加工品ができたというのは興味深いお話です。

一方、海外での冷凍食品の始祖も、実はいちごだったそう。こちらは、20世紀初頭にアメリカはコロラド州で、ジャムを作るためにいちごを冷凍したのが始まりなのだとか。場所は違えど、どちらも一年中いちごが食べられるようにとの理由から作られたなんて、香り高く甘酸っぱい旬のいちごが、世界中でいかに愛されていたかがわかるエピソードですね!

今回は、そんな冷凍食品の歴史へのオマージュを込めて、冷凍果実を使ったジャムレシピをご紹介。冷凍いちごよりも手に入りやすい、冷凍ミックスベリーを使ってみました。朝食に、おやつの時間にと、役立ててみてくださいね。

濃厚なミックスベリーの香りを閉じ込めた
ベリージャム

材料(1瓶分)

冷凍ミックスベリー
200g
砂糖
50g
レモン汁
小さじ1

作り方

凍った冷凍ミックスベリーを小鍋に入れ、ふたをして弱火で15分ほど煮る。ふたを開け、アクをすくいながら、さらに20分ほど煮る。砂糖とレモン汁を入れてかき混ぜる。

火にかけた鍋は、木べらなどで時々かき混ぜながら煮詰める。

ジャムは焦げないよう、木べらなどで時々かき混ぜながら煮詰める。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

もっと詳しく知る・役立つ

トップへ戻る