•  >
  •  >
  • 炒飯のレンジ加熱にラップは不要?冷凍食品は、商品によって、加熱時の方法が違うんです!

炒飯のレンジ加熱にラップは不要?冷凍食品は、商品によって、加熱時の方法が違うんです!

2018.09.05

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
炒飯のレンジ加熱にラップは不要?冷凍食品は、商品によって、加熱時の方法が違うんです!

蒸したほうがいい食品、水分を飛ばしたほうがいい食品があります

冷凍食品の調理方法は、その商品によって様々。だからこそ、袋の表示をよく読んでから加熱・解凍することがとても大切です。

例えば、ラップの有無について。電子レンジ調理をすると、食品から水分が蒸発するので、それを防ぐためにラップをかけることが多いですよね。でも、食品によっては、加熱するときにラップが不要とされているものもあるんです。ポピュラーなメニューで言うと、チャーハンやフライがその代表格。どちらも、水分を飛ばすことで、パラパラやサクサクの食感が生まれるようになっているからです。

逆に、シュウマイやピラフの中には、蒸した状態で加熱することでしっとりとした口あたりになるため、ラップ有を推奨している商品も多数。

同じメニューでも会社によって調理法が大きく異なることも多いので、必ず調理前には袋の表示をしっかり読んで、適した方法で解凍・加熱することを心がけましょう。

皮の部分の水分が飛び、白く乾燥した状態のシュウマイ。

「ラップをかける」と表示のあるシュウマイを、ラップをかけずに加熱したところ、皮の部分の水分が飛び、白く乾燥した状態に。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る

もっと詳しく知る・役立つ

トップへ戻る