•  >
  •  >
  • 冷凍食品の利用実態調査で判明!電子レンジの使い方、みんなが気になるのはここ
(一社)日本冷凍食品協会主催、冷凍食品レシピコンテストの受賞作品を発表します。詳しくはバナーをクリックしてください。(一社)日本冷凍食品協会主催、冷凍食品レシピコンテストの受賞作品を発表します。詳しくはバナーをクリックしてください。

冷凍食品の利用実態調査で判明!電子レンジの使い方、みんなが気になるのはここ

2020.05.27

  • LINEで送る
冷凍食品の利用実態調査で判明!電子レンジの使い方、みんなが気になるのはここ

電子レンジで使っていい器、使ってはいけない器って?

今年も冷凍食品の利用実態調査の結果が発表されました。今回は、電子レンジの利用についても詳しく消費者の意識を調査。そこで浮かび上がってきたのが、「電子レンジで使える器と、そうでないものの見分け方」でした。

消費者庁では、「家庭用品品質表示法」という法律を定めており、レンジ対応の器はそれを明記することがルールとされています。それにのっとり、陶器自体もしくは購入時の包装や同封の注意書きに、「電子レンジ可」「MICROWAVE OK」などの表記がされているものは、レンジ対応が確実に可能です。また、ガラスも含め「耐熱容器」とされているものは、その中に電子レンジ用、直火用、オーブン用があるため、こちらも表示をしっかり確かめてから使うようにしましょう。

ちなみに、気を付けたいのが、気泡が入っている陶器。小さな空気の粒が引き金となり、電子レンジにかけると破損することがあるので、そういったものは使用を控えるようにしてください。

電子レンジを正しく使うには、やはり表示をよく見ることが大切。安全でおいしい食生活を心がけて。

お皿が入っていた箱の注意書き。

お皿が入っていた箱の裏面には注意書きが記載されており、8項目目に「電子レンジは使用可能」という文字が。

陶器の気泡。

写真のように小さな気泡が入っている器も、電子レンジには不向き。よくチェックを。

  • この記事をシェアする
  • LINEで送る

もっと詳しく知る・役立つ

トップへ戻る