•  >
  •  >
  • 電子レンジも劣化する!?袋の表示通りにチンしても、温まらないときの対処法
(一社)日本冷凍食品協会主催、冷凍食品レシピコンテストの受賞作品を発表します。詳しくはバナーをクリックしてください。(一社)日本冷凍食品協会主催、冷凍食品レシピコンテストの受賞作品を発表します。詳しくはバナーをクリックしてください。

電子レンジも劣化する!?袋の表示通りにチンしても、温まらないときの対処法

2019.02.20

  • LINEで送る
電子レンジも劣化する!?袋の表示通りにチンしても、温まらないときの対処法

古くなるほど電子レンジは加熱するパワーが落ちるんです

よく「冷凍食品を袋に書いてある表示時間通りに温めたのに、中がまだ冷たかった」という声を耳にします。表示時間は、何度もメーカーが実験を繰り返し、その食品が最もおいしい状態になるよう導き出した正確なもの。それなら、なぜ上記のようなことが起こるのでしょうか?その理由の一つは、電子レンジの劣化のせいなのです。電化製品はどれも、購入して3,4年後から劣化が始まるものが多いと言われています。その速度は個々の製品の性能や使用の頻度など、置かれている環境によって異なりますが、電子レンジも長く使うと、購入時より食品を解凍したり温めたりするパワーが弱まっていくのだそう。そのため、袋の表示時間通りに加熱しても、理想の状態まで温められていないということが起こり得るのです。

そんなときは、「10秒ずつ再加熱」して、ベストな状態まで温めて。面倒くさいからと、一気に加熱時間を延長してしまうと、今度は過加熱になり、焦げたり、味を損なってしまうことがあります。慌てず、10秒ずつゆっくりと加熱していくことが大切です。また、あまりにも加熱の状態が悪い場合は、電子レンジの買い替えを検討する必要があるかもしれません。これを機会に、自宅の電子レンジの性能を今一度確認してみてはいかがでしょうか?

電子レンジで、10秒ずつ再加熱する。

表示通りの時間で温まらない場合は、10秒ずつ再加熱を。電子レンジ加熱すると急激に高温になるため、必ず短い時間で区切り、再加熱を繰り返して。

  • この記事をシェアする
  • LINEで送る

もっと詳しく知る・役立つ

トップへ戻る