10月は冷凍食品月間10月は冷凍食品月間

平成31年“冷凍食品の利用状況”実態調査について

2019.04.08

  • LINEで送る

日本冷凍食品協会では、毎年、“冷凍食品の利用状況”実態調査を実施しています。今回の調査は2月23、24日にかけて、冷凍食品を利用している全国の25歳以上の男女1,250人(各625人)を対象に、インターネットにより実施しました。また、冷凍食品を利用していない人を含めた9,970人に対してのスクリーニング調査も行っています。

調査結果の概要は、以下の通りです。

  • 冷凍食品を「ほとんど又はまったく使わない」人は、年々減少。
  • 1年前より、冷凍食品を利用する頻度が「増えた」が増加。
  • 冷凍食品の魅力は、「おいしい」が増加傾向で推移。
  • 購入場所は、若い人を中心に、「ドラッグストア」や「コンビニエンスストア」が増加。
  • パッケージの表示で「必ず見る」のは、「調理方法」が最多。
  • 「5割引」で購入する割合が年々減少。
  • 食品ロスが“ある”は過半数(53.6%)。若い人ほど高い傾向。
  • 1週間に1回以上、ホームフリージングをしている人は半数以上。一方、8割程度が失敗経験あり。
平成31年“冷凍食品の利用状況”実態調査、調査結果概要
詳しくはこちらをご覧ください。外部リンク

※日本冷凍食品協会 公式ホームページにリンクします。

  • この記事をシェアする
  • LINEで送る

もっと詳しく知る・役立つ

トップへ戻る