(一社)日本冷凍食品協会主催、冷凍食品レシピコンテストの受賞作品を発表します。詳しくはバナーをクリックしてください。(一社)日本冷凍食品協会主催、冷凍食品レシピコンテストの受賞作品を発表します。詳しくはバナーをクリックしてください。

暑い季節こそ発酵食!冷凍食品×納豆やキムチを使ったヘルシー丼

2020.08.12

  • LINEで送る
暑い季節こそ発酵食! 冷凍食品×納豆やキムチを使ったヘルシー丼

納豆&漬物のW発酵食品が味わいに奥行きを与える

家で過ごすことが多いとは言え、気温が高いだけで体力を消耗する暑い夏。体調を整えるために、食生活にはいつにも増して気をつけたいもの。

健康に留意している人たちの間で、ここ数年注目が高まっている食材が、日本の伝統食にも多い「発酵食」です。味噌や醤油などの調味料がおなじみですが、他にも納豆やチーズ、ヨーグルトなど、毎日摂りやすい食品がたくさん。その中から今回は、納豆とぬか漬け、そして韓国風漬物であるキムチを使った丼レシピをご紹介します。

発酵食を食べることで、腸内環境を整え、まだまだ厳しい残暑を乗り切りましょう。

食材を小さくカットして食感よく!
チキンと納豆&漬物の高たんぱく質丼

材料(1人分)

冷凍サラダチキン
100g
ぬか漬け
30g
納豆
1パック
ごはん
丼1杯分
大葉
2枚

作り方

冷凍サラダチキンを袋の表示通りに解凍し、1cmの角切りにする。粗みじん切りにしたぬか漬け、たれを入れた納豆とともに混ぜる。ご飯の上に大葉を乗せ、チキンと納豆、漬物を混ぜたものをかける。

仕上げに乗せた卵黄がポイント
鶏つくねキムチ丼

材料(1人分)

冷凍鶏つくね
3本
キムチ
30g
ごはん
丼1杯分
卵黄
1個分
万能ねぎ
適量

作り方

冷凍鶏つくねは袋の表示通りに温める。丼にごはんをよそい、鶏つくねとキムチを乗せ、卵黄を落として、小口切りしたねぎを散らす。

  • この記事をシェアする
  • LINEで送る
トップへ戻る