•  >
  •  >
  • 今日は「かき氷の日」冷凍フルーツで果実感たっぷりのイチゴミルクを楽しもう!
10月は冷凍食品月間10月は冷凍食品月間

今日は「かき氷の日」冷凍フルーツで果実感たっぷりのイチゴミルクを楽しもう!

2018.07.25

  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
今日は「かき氷の日」冷凍フルーツで果実感たっぷりのイチゴミルクを楽しもう!

丸ごとイチゴをふんだんに使った贅沢な味わいをおうちで

7月25日は、7(な)、2(つ)、5(ご)のごろ合わせから、なつごおり=夏氷、すなわち「かき氷」の日に制定されています。最近専門店も多数できて、ブーム化しつつあるかき氷ですが、最近は手軽にきめ細やかな氷が作れるマシーンも普及し、自宅で特製シロップを作って楽しむのもおすすめです。

フレッシュな果実を使ってもいいけれど、夏場は手に入りにくいイチゴを使うなら、断然冷凍イチゴが便利。ミキサーやブレンダーを使って簡単にできるほのかな甘みのイチゴシロップに加え、濃厚な練乳をプラスし、「スペシャルイチゴミルク氷」を味わいませんか?子供もきっと大喜びするはず!

半解凍のいちごのシャリシャリ食感がたまらない!
イチゴミルク氷

材料(1人分)

シロップ用
冷凍イチゴ
50g
練乳
大さじ2
トッピング用
冷凍イチゴ
4~5個
練乳
適量
適量

作り方

凍ったままの冷凍イチゴと練乳をミキサーなどにかけて撹拌し、シロップを作る。かき氷機でかいた氷を器に盛り、先ほどのシロップをかけて、お好みで半解凍した冷凍イチゴと練乳をかける。

ミキサーやブレンダーに凍ったままの冷凍イチゴと練乳を入れる。

ミキサーやブレンダーに凍ったままの冷凍イチゴと練乳を入れ、液状になるまでよく撹拌する。

  • この記事をシェアする
  • pinit_fg_en_rect_gray_20.png
  • LINEで送る
トップへ戻る