•  >
  •  >
  • ごはん入りで満足度高め!カリッ、とろ~り食感が楽しいアボカドライス春巻き

ごはん入りで満足度高め!カリッ、とろ~り食感が楽しいアボカドライス春巻き

2024.07.10

冷凍アボカドを使えば、中のタネ作りがとっても簡単!

最近はサラダの具やハワイ料理・ポキの材料としてなど、すっかり一般的な食材となったアボカド。ビタミンやミネラルなども豊富で、栄養価の面からも注目度の高い野菜のひとつとなっています。そんなアボカドを手軽に食卓に取り入れられる食材として、冷凍アボカドの人気も急上昇中なんです。

今回ご紹介するのは、そんな冷凍アボカドを使った一品料理。アボカドとごはんを和えたものをタネにして、一口サイズの三角春巻きを作ります。食べやすく、見た目もおしゃれなので、おもてなしにもピッタリ! 人が集まる日の手軽なおつまみとして、ぜひレパートリーに追加を。

隠し味のカレー粉もポイント
アボカドのライス春巻き

材料(15個分)

タネ
冷凍アボカド
130g
ごはん
200g
塩こしょう
適量
ピザ用チーズ
50g
カレー粉
小さじ1
春巻きの皮
5枚
揚げ油
適量
スイートチリソース
適量

作り方

ボウルに温かいご飯を入れ、袋の表示通りに解凍した冷凍アボカド、ピザ用チーズ、カレー粉、塩こしょうを加えて、アボカドを崩しながら混ぜ合わせてタネを作る。春巻きの皮を縦3等分にカットし、端に三角形にしたタネを乗せて包んでいく。同様に15個包む。180度の油できつね色になるまで揚げたら、器に盛り、スイートチリソースを添える。

縦長に3等分した春巻きの皮の手前にタネを置き、三角形を保ったまま折りたたんでいく。

  • この記事をシェアする
トップへ戻る